auひかりに対応した無線LANの選び方は?

auひかりに対応した無線LANの選び方をご紹介したいと思います

 

KDDIに提供されているauひかり。接続方法はケーブルを利用した有線接続と,SSIDの暗号化を利用した無線LANでの接続があります。デスクトップのみでパソコンを使用する場合は有線接続で問題ありませんが、家庭内でノートパソコンを色々な部屋で使用したい場合など、無線LANでの接続が便利です。この無線LAN用の無線ルーターは、KDDIに月額料金を支払ってレンタルする方法か、ネットショッピングや家電量販店で購入し、利用する方法があります。近年は接続設定のやり方も個人でスムーズに行うことが出来るので、無線LANのシェアの方が増えてきています。

 

実際にレンタルと購入、どちらがいいのでしょうか。よく契約の際に無線LANのレンタルを勧められてレンタルをしている人が多いようですが、基本的には購入した方がお得です。その理由として、年間費用の違いが挙げられます。購入した場合のほうが圧倒的に割安のほか、レンタルだと年代の古いものを貸し出されることもあったり、コストパフォーマンス的にも安くて質のいい機器が今は沢山販売されています。少し前までは、無線LANルーター自体1万円を超えるものもありましたが、現在は数千円で手軽に購入することが可能なのです。

 

特に良質の無線LANはバッファロー製と言われています。ネットワークを中心に販売されているバッファローは既に国内でもトップクラスのシェアを誇ります。バッファロー製の商品であれば、安値のものでも十分良質な性能を発揮するし、少しだけ高いものをチョイスするだけで、かなりのハイパワーな製品を手に入れることが出来るでしょう。

 

しかし、実際にはauひかり対応の無線LANは数多く販売されており、どれを選べばいいか特に初心者の方はわからないでしょう。しかし、実際に“この無線ルーターを選んでおけば問題無い”というものはありません。自宅の環境(マンションか戸建てか都会住まいか田舎住まいか)などで用途は大きく変わってきます。実際に家電量販店などで購入する際は、購入前に自宅の環境、家族体系や人数、無線LANを使って使用するパソコンの台数などを説明してから使えば、話はスムーズです。

 

このような無線LANの仕組みとして、「auひかり」をはじめとする光ファイバーでの自宅までの回線を無線LANの親機が無線の信号に変換し、それを電波で発信し、無線LANの子機で受診することで使用できます。この電波の範囲であれば、無線LANの子機が搭載されたパソコンやスマートフォンなどはインターネットの接続が可能になります。